タグ:山間部 ( 13 ) タグの人気記事


2015年 06月 09日

白川郷[終点]・(岐阜県白川村)

c0355177_17310.jpg


▲合掌集落をゆく加越能バス

 富山県の高岡駅から五箇山を通って、岐阜県の白川郷まで、二つの世界遺産を結ぶ世界遺産バス。早朝の一便のみは城端駅発着の普通のローカルバスで乗り入れてきます。世界遺産に登録されたいまはすっかり人気観光地となり、休日となるとそこには山奥に宿る静かな合掌集落の風情は残っていませんが、これを守る集落の文化は今なお息づいています。



c0355177_171264.jpg

◎読み・・・しらかわごう
■運行・・・加越能バス株式会社/濃飛乗合自動車株式会社/岐阜バス株式会社/北陸鉄道株式会社
□路線・・・城端~白川郷線[普通]・高岡~白川郷線[高速]/高山~白川郷・平湯温泉線[高速]/岐阜~金沢線[高速]/高山~金沢線[高速]
[PR]

by hansman_neo | 2015-06-09 22:00 | 岐阜県
2015年 04月 15日

魚梁瀬[終点]・(高知県馬路村)

c0355177_229764.jpg


▲魚梁瀬大橋を渡る高知東部交通

 安芸の町から、奈半利川に沿って延々と細い道を登ってゆく、魚梁瀬ゆきの小型バスは、柚子で全国的に有名な馬路村の中心村落を抜け、更に山奥をめざして走ります。昭和38年に架けられたという赤いつり橋を渡れば、そこはもう終点です。 安芸へ下るバスが、静かに橋を渡ってゆきました。




◎読み・・・やなせ
■運行・・・高知東部交通株式会社
□路線・・・安芸~魚梁瀬線
[PR]

by hansman_neo | 2015-04-15 22:00 | 高知県
2015年 04月 10日

風屋花園・(奈良県十津川村)

c0355177_21235162.jpg


▲十津川村をゆく新宮特急バス

 奈良県の近鉄電車八木駅から、紀伊半島の山奥深くを縦断し、太平洋に突き出した和歌山県の新宮駅とをむすぶ奈良交通の新宮八木線は、途中停留所数168を数え、我が国の下道経由の路線バスでは最長の運行距離を誇ります。そのほとんどが十津川村域。6時間以上をかけて、一人の運転手が休憩しながら走り通します。




◎読み・・・かぜやはなぞの
■運行・・・奈良交通株式会社
□路線・・・新宮八木線[特急]
[PR]

by hansman_neo | 2015-04-10 22:00 | 奈良県