2015年 09月 07日

天満屋バスステーション・(岡山県中区)

c0355177_162223.jpg


▲天満屋バスステーション

 色とりどりのバスが集まる天満屋バスステーションは、岡山の老舗百貨店・天満屋と共に、街の発展を担ってきました。 岡山駅から少し離れた表町一帯の交通拠点としていつも多くの人で賑わいます。





◎読み・・・てんまやばすすてーしょん
■運行・・・岡山市内各社(宇野バス除く)
□路線・・・岡山市内各路線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-07 22:00 | 岡山県
2015年 09月 05日

表町バスセンター・(岡山市中区)

c0355177_153346.jpg


▲宇野バス表町バスセンター

 とかく協調性がないと言われる岡山のバス事業者は、個性派ぞろい。 特にダークブラウンの車体に五つのマーカーランプが特徴の宇野バスは、その代表格です。 岡山各社のバスが天満屋バスステーションを拠点とする中、宇野バスは少し離れた独自のバスセンターから発着します。



c0355177_154314.jpg

◎読み・・・おもてちょうばすせんたー
■運行・・・宇野バス株式会社
□路線・・・宇野バス全線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-05 22:00 | 岡山県
2015年 09月 03日

大杉上町[終点]Ⅱ・(石川県小松市)

c0355177_21472023.jpg


▲大杉上町を出発する小松バス

 大杉という地名に似つかわしい杉木立の中を、小松バスが走り抜けます。 小松市の秘境を走る、小松バス大杉線は、荒俣峡の渓谷美をはじめ、途中経路の車窓もまた絶品で、一度は訪れたいところです。 小松バスでは、このような山岳路線も含め、全路線が一日乗り放題となる一日乗車券を1000円で密かに発売されており、他の路線と合わせて小松を一日満喫することができます。




c0355177_21473041.jpg

◎読み・・・おおすぎかみまち
■運行・・・小松バス株式会社
□路線・・・大杉線(小松~大杉上町)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-03 22:00 | 石川県
2015年 09月 01日

大杉上町[終点]・(石川県小松市)

c0355177_21455153.jpg


▲大杉上町終点で小松バスリエッセ

 小松バスの中でも最も山奥へ達する路線がここ大杉線。 専ら、大杉線専用の小型バスリエッセが一日3往復をこなしています。  白山連峰の2000m級の山岳地帯が海沿いに迫る石川県では、県域の奥行きが狭いため、山奥へ向かう路線は希少な存在です。



c0355177_2146497.jpg

◎読み・・・おおすぎかみまち
■運行・・・小松バス株式会社
□路線・・・大杉線(小松~大杉上町)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-01 22:00 | 石川県
2015年 08月 31日

小牧堰堤[終点]・(富山県砺波市)

c0355177_0593382.jpg


▲霧のたちこめる終点で・・・

 舟でしかアクセスできない温泉宿として有名な大牧温泉へ向かう遊覧船乗り場に、高岡市内から一日数本だけ、加越能バスがアクセスしています。 谷間の渓谷を堰き止められたダム湖に浮かぶ舟に乗っておよそ30分間上流に遡れば、対岸の斜面にそびえる旅館が姿を現します。 世界遺産に登録され、高速道路も開通した秘境・五箇山への物資や人の運搬路のメインルートとして、この川の水運が盛んだった頃もあるそうです。 
 




c0355177_0594133.jpg

◎読み・・・こまきえんてい
■運行・・・加越能バス株式会社
□路線・・・井波・庄川経由小牧堰堤線(高岡~井波~小牧堰堤)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-31 22:00 | 富山県
2015年 08月 29日

月津Ⅱ・(石川県小松市)

c0355177_21355992.jpg


▲月津台地を駆け下りる小松バス

 小松市内を南西へ抜けると、かつての北国街道筋は、月津台地という小高い丘を走り、動橋方面へ続きます。現在、路線バスは小松市域まで出途切れていますが、かつては加賀市方面へ路線が繋がっていたそうです。





◎読み・・・つきづ
■運行・・・小松バス株式会社
□路線・・・月津線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-29 22:00 | 石川県
2015年 08月 27日

山中温泉・菊の湯前Ⅱ[終点]・(石川県加賀市)

c0355177_057144.jpg


▲路地を廻って車庫へ帰る温泉特急バス

 加賀温泉郷の中でも最も山間部に位置するのが、その名の通り山中温泉。金沢市内から加賀温泉郷を結ぶ温泉特急バスは、北陸新幹線開業に合わせて、山手の加賀産業道路経由の山側ルートに加えて、北陸自動車道を経由する海側ルートも新設されて、温泉客を山間の奥座敷へといざないます。





◎読み・・・やまなかおんせん・きくのゆまえ
■運行・・・加賀温泉バス株式会社
□路線・・・温泉特急線(金沢~山代温泉・山中温泉)・温泉山中線(加賀温泉駅~山代温泉・山中温泉)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-27 22:00 | 石川県
2015年 08月 25日

銚子口・(石川県金沢市)

c0355177_0572785.jpg


▲わずかに残る旧道区間

 清流・浅野川の音静かな流れに沿って走る、北鉄バス。 金沢の奥座敷、湯湧の温泉と金沢駅とを結ぶ路線です。湯湧温泉への道は、快適な道が整備されていますが、バスは途中の集落に寄るために、こうした昔からの狭いところも走り抜けます。



c0355177_0573528.jpg

◎読み・・・ちょうしぐち
■運行・・・北陸鉄道株式会社
□路線・・・湯湧温泉線[12]など
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-25 22:00 | 石川県
2015年 08月 23日

小立野Ⅱ・(石川県金沢市)

c0355177_0562235.jpg


▲小立野のアーケード街をゆく北鉄バス

 九州でいうと、小倉の下到津、熊本の健軍、長崎の住吉、そして鹿児島の中草牟田のような位置づけになるんでしょうか。金沢の小立野。都心から離れてないけれど、ちょっと郊外の拠点。そういうイメージの街です。かつては兼六坂を登って、ここ小立野まで北陸鉄道金沢市電が走っており、その終点だったとのこと。



c0355177_0563472.jpg

◎読み・・・こだつの
■運行・・・北陸鉄道株式会社
□路線・・・小立野経由各路線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-23 22:00 | 石川県
2015年 08月 21日

小立野・(石川県金沢市)

c0355177_0542831.jpg


▲小立野台地上を走る北鉄バス

 金沢城・兼六園を擁する尾山という台地から、南へ向かって長く伸びる小立野台地は、おとこ川と呼ばれる犀川と、おんな川と呼ばれる浅野川とに挟まれたところにあります。兼六坂を一気に上り詰めたバスは、ここが台地の上であることを忘れさせるような立派な4車線道路とその沿道の商店や、ビル群の中を郊外へ向けて走ります。



c0355177_0551810.jpg

◎読み・・・こだつの
■運行・・・北陸鉄道株式会社
□路線・・・小立野経由各路線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-21 22:00 | 石川県
2015年 08月 19日

西軽海・(石川県小松市)

c0355177_21435453.jpg


▲加賀産業開発道路を快走する温泉特急バス

 小松市内の内陸側を走る加賀産業開発道路を、温泉特急バスが走り抜けています。加賀平野は、名峰白山の豊かな火山資源のおかげで、温泉が非常に多く、この温泉特急バス山側ルートは、途中、辰巳温泉・八幡温泉・粟津温泉・山代温泉・山中温泉と、5箇所もの温泉を経由しながら走ります。



c0355177_2144459.jpg

◎読み・・・にしかるみ
■運行・・・加賀温泉バス株式会社
□路線・・・温泉特急線(金沢~山代温泉・山中温泉)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-19 22:00 | 石川県
2015年 08月 17日

別宮[終点]・(石川県白山市)

c0355177_21422749.jpg


▲別宮終点にたたずむ小松バス

 白山のコシヒカリと書かれたカントリーエレベーターが、ここのランドマーク。手取川の豊富な雪解け水で育った米はおいしそうです。今年は手取川上流で大規模な土砂崩れがあり、川の色は上流から海まで真っ白に。手取川下流の扇状地では、扇型に白濁した水が広がりましたが、農産物は無事に育っているそうです。



c0355177_21423878.jpg

◎読み・・・べっくう
■運行・・・小松バス株式会社
□路線・・・別宮線(小松~別宮)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-17 21:41 | 石川県
2015年 08月 15日

軽海・(石川県小松市)

c0355177_051313.jpg


▲霊峰・白山をバックに走る小松バス

 加賀平野から眺める白山の姿は、小松市内から見るのが最も端麗である。と思うのですが、地元の方々にとってはやっぱりそれぞれの地元から眺めた白山の姿に愛着があるのでしょう。その名の通り、白山山頂には、夏なお雪が残ります。※撮影は5月



c0355177_0511723.jpg

◎読み・・・かるみ
■運行・・・小松バス株式会社
□路線・・・写真の区間はハニベ線のみ
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-15 22:00 | 石川県
2015年 08月 13日

鵜川遊泉寺・(石川県小松市)

c0355177_2139862.jpg


▲梯川に沿って

 昭和61年まで北陸本線小松駅と鵜川遊泉寺間を結んだ、北陸鉄道小松線。 その代替手段として、現在も細々と小松バスのハニベ線が走ります。  国道を離れ、鵜川の集落に入る川沿いの区間はほんの僅かな狭隘路が楽しめます。 住宅も多いこの界隈ですが、沿道にはクマ出没注意の看板も。



c0355177_21391910.jpg

◎読み・・・うがわゆうせんじ
■運行・・・小松バス株式会社
□路線・・・ハニベ線(小松駅~ハニベ)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-13 21:38 | 石川県
2015年 08月 07日

眼鏡橋詰・(富山県富山市)

c0355177_2262633.jpg


▲八尾をあとにする富山地鉄バス

 古い商家が軒を連ねる坂の町、八尾の台地を下りきって、これからバスはひたすら富山平野を北上し、富山の市街地を目指します。現存する眼鏡橋上の旧道を、今もバスが渡ってゆきます。



c0355177_2264076.jpg


◎読み・・・めがねばしづめ
■運行・・・富山地方鉄道株式会社
□路線・・・熊野経由八尾線(富山~八尾)[23]・堤防経由八尾線[24]・空港経由八尾線[36]
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-07 22:00 | 富山県
2015年 08月 05日

鴨ヶ浦・(石川県輪島市)

c0355177_2211121.jpg


▲鴨ヶ浦を行く、のらんけバス

 輪島市内を様々なルートで循環する、のらんけバス。鯨・档・漆などの各コースが走りますが、なかでも最も輪島らしさを車窓から堪能できるのが、この海ルート。素掘りの小さなトンネルをすっぽりと抜ければ、そこには、地元の人たちがのんびりと磯遊びに興じる鴨ヶ浦の海岸が広がり、午後便は朝市通りを走り抜けてゆきます。 冬になると日本海の強い風によって、この海岸に、能登地方特有の現象・波の花が打ち寄せられます。



c0355177_22112623.jpg

◎読み・・・かもがうら
■運行・・・北鉄奥能登バス株式会社
□路線・・・のらんけバス[海ルート]
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-05 22:00 | 石川県
2015年 08月 03日

八尾横町・(富山県富山市)

c0355177_21473448.jpg


▲古い町並みを走り抜ける富山地鉄バス

 旧八尾町は、富山市南郊の井田川に沿った舌状台地上に、丸石を積み上げて築かれた坂の町。 おわら風の盆という盆踊りの有名なところです。 この台地の上のわずかな幅の町に、二本の狭い道が並行して通っており、それぞれ一方通行のため、バスは往路復路でルートが変わります。途中ダブルクランクの難所もありますが、バスは軒先にミラーをかすめながら、難なくクリアしてゆく運転手の腕のみせどころ。



c0355177_21475594.jpg

◎読み・・・やつおよこまち
■運行・・・富山地方鉄道株式会社
□路線・・・熊野経由八尾線(富山~八尾)[23]・堤防経由八尾線[24]・空港経由八尾線[36]
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-03 22:00 | 富山県
2015年 08月 01日

田中・(富山県氷見市)

c0355177_21425244.jpg


▲田中の集落を通過する加越能バス

 笹の葉さらさら 軒端ゆれる♪でおなじみの七夕祭り。保育園や学校などでは今でも笹の葉に短冊を提げて七夕を祝っていますが、こうして一般家庭で大きな笹をこしらえて七夕を祝う光景ってなかなか見なくなったような気がします。それでも北陸地方では神社やデパートの軒先を始め、色んなところで七夕飾りを目にすることができました。



c0355177_2143020.jpg

◎読み・・・たなか
■運行・・・加越能バス株式会社
□路線・・・氷見・灘浦海岸線(高岡~氷見~脇)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-08-01 22:00 | 富山県
2015年 07月 31日

野町駅・(石川県金沢市)

c0355177_0443462.jpg








◎読み・・・
■運行・・・
□路線・・・
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-31 22:00 | 石川県
2015年 07月 29日

武蔵が辻・近江町市場・(石川県金沢市)

c0355177_1265864.jpg


▲夜のめいてつエムザ前にて

 金澤土産の新名所・黒門小路が新たにオープンしためいてつエムザ。地方都市には拠り所となる大都市があるものですが、石川県は東京・大阪・名古屋の3都市の経済的、文化的な影響を受けるという非常に珍しい県です。県下一帯でバスを一手に運行する北陸鉄道は名古屋の名鉄グループ、そしてめいてつエムザもその名の通り名鉄が運営しています。



c0355177_12764.jpg

◎読み・・・むさしがつじ・おおみちょういちば
■運行・・・北陸鉄道株式会社/西日本ジェイアールバスなど
□路線・・・市内各路線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-29 22:00 | 石川県
2015年 07月 27日

稲荷・(福井県池田町)

c0355177_1131394.jpg


▲稲荷の集落に到着する福鉄バス

 福井県の山間部に位置する池田町。その中心集落である稲荷には、役場や神社がある他は民家が点在するだけの静かなたたずまいです。バスは武生から登って来る福鉄バスと、福井市内からやって来る京福バスの2路線が乗り入れますが、いずれも本数はまばらです。





◎読み・・・いなり
■運行・・・福井鉄道株式会社/京福バス株式会社
□路線・・・池田線(武生~稲荷)/池田線[56](福井~稲荷)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-27 22:00 | 福井県
2015年 07月 23日

閑乗寺口・(富山県南砺市)

c0355177_045210.jpg


▲瑞龍寺山門をバックにゆく加越能バス

 井波彫刻で名高い瑞龍寺の門前町・井波をあとにして、バスは狭い県道を走り抜けて庄川温泉へ向かいます。



c0355177_045959.jpg

◎読み・・・かんじょうじぐち
■運行・・・加越能バス株式会社
□路線・・・井波経由庄川町線(高岡~砺波~井波~庄川町~小牧堰堤)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-23 22:00 | 富山県
2015年 07月 21日

月津[終点]・(石川県小松市)

c0355177_2134192.jpg


▲坂を登る小松バス

 小松から南西へ、旧北國街道筋をゆく矢田線。 矢田から折り返してきたバスが坂を登って月津台地へ。わずかな便数の矢田線ですが、このうち数便はここ月津で終点となり、あとたったひと停留所の矢田には行きません。月津で終点となった車は回送して佐美へ向かうダイヤとそうでないダイヤがありますが、後者の場合は矢田の折返し場まで行くほかに、果たしてどこで折り返しをやるんだろう?という、小松バス七不思議も。





◎読み・・・つきづ
■運行・・・小松バス株式会社
□路線・・・矢田線(小松~月津・矢田)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-21 22:00 | 石川県
2015年 07月 19日

湯涌温泉[終点]・(石川県金沢市)

c0355177_059050.jpg


▲湯涌温泉終点で待つ北鉄バス

 金沢の奥座敷・湯涌温泉。 浅野川の清流に沿って山奥へ分け入ると谷間の小さな温泉街があります。またの名を湯ノ鷺温泉と呼ばれており、停留所ポールも両方の名称で一本づつ立てられています。 温泉街の奥では、蒸し暑い北陸の初夏に、風物詩の氷室開きが行われます。



c0355177_0591263.jpg

◎読み・・・ゆわくおんせん
■運行・・・北陸鉄道株式会社
□路線・・・湯涌温泉線(金沢駅~兼六園下~湯涌温泉)[12]
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-19 22:00 | 石川県
2015年 07月 17日

雑座[終点]・(石川県輪島市)

c0355177_2238307.jpg


▲終点雑座に到着

 輪島の中心部から、日本海に沿った絶景を走る西保線の終点は、山の中の小さな集落・雑座。 転回場のうしろでは、集落の人たちが草刈の休憩で香ばしいにおいを漂わせながら酒盛り中。 賑やかな声と笑顔が素敵な、能登半島の良さを感じる終点でした。




◎読み・・・ぞうざ
■運行・・・北鉄奥能登バス株式会社
□路線・・・西保線(輪島~雑座)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-17 22:00 | 石川県
2015年 07月 15日

千里浜なぎさドライブウェイ・(石川県かほく市)

c0355177_2135258.jpg


▲砂浜を快走する、わじま号

 能登半島の付け根、日本海側に続く海岸の砂浜は、バスや車でドライブできる絶好のルート。 砂浜上を安定走行できる砂質は、世界でも3箇所だけなのだとか。 定期路線バスは残念ながら走りませんが、能登半島定期観光バスのわじま号なら、この砂浜の上の走行をバスで体験することができます。 



c0355177_21353558.jpg

◎読み・・・ちりはまなぎさどらいぶうぇい
■運行・・・北鉄金沢バス株式会社
□路線・・・能登半島定期観光バス「わじま号」
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-15 22:00 | 石川県
2015年 07月 13日

生部町[終点]・(福井県福井市)

c0355177_23391148.jpg


▲生部町で出発を待つ京福バス

 雨の福井市近郊の終点・生部町。 霊験あらたかな文殊山の山懐に抱かれた、小さな集落です。 福井の町は非常にコンパクトで、町を一歩外れると、ただちに田園地帯の様相に車窓が変化します。



c0355177_23392167.jpg

◎読み・・・いきべちょう
■運行・・・京福バス株式会社
□路線・・・生部・みのり線(福井~生部町)[63・64]
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-13 22:00 | 福井県
2015年 07月 11日

本丸岡[丸岡バスターミナル]・(福井県坂井市)

c0355177_23374730.jpg


▲丸岡バスターミナルと京福バス

 福井県北部の京福バスの運行拠点、丸岡バスターミナル。 停留所名は本丸岡ですが、ターミナル名は丸岡と、ちょっとチグハグに。近くには、国内に現存する最古の天守閣を持つといわれる丸岡城が鎮座しています。



c0355177_2338026.jpg

◎読み・・・ほんまるおか
■運行・・・京福バス株式会社
□路線・・・丸岡線(福井~本丸岡)[31][36]・長屋線・東尋坊・永平寺線・竹田線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-11 22:00 | 福井県
2015年 07月 09日

JR芦原温泉駅・(福井県あわら市)

c0355177_2336294.jpg


▲芦原温泉駅に滑り込む京福バス

 越前かに、ソースかつ丼など、越前名物の名がずらりと並ぶ、芦原温泉駅。昭和の温泉観光地の最寄り駅の雰囲気を存分に残していますが、老朽化でちょっと寂しい感じも漂います。京福バスはこの駅を拠点に、永平寺・芦原温泉・東尋坊など、福井県北部の主要な観光地をネットしています。



c0355177_23361259.jpg

◎読み・・・じぇいあーるあわらおんせんえき
■運行・・・京福バス株式会社
□路線・・・長屋線・ 永平寺・東尋坊線・永平寺線 ・金津・東尋坊線 ・金津・本荘線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-09 22:00 | 福井県
2015年 07月 07日

塩原・(石川県小松市)

c0355177_21302314.jpg


▲山間部をゆく

 小松バスの尾小屋ゆきは現状一日三往復が運行され、数少ない乗客を載せて毎日走っています。その昔、ここに尾小屋鉄道という軽便鉄道が走っていたとは思えないような閑散路線ですが、かつては、終点の尾小屋には銅山があって、その鉱山鉄道としての機能を併せ持つ、賑やかな時代があったのでしょう。 塩原のバス待合小屋は、旧駅舎をそのまま利用しているのだそうです。



c0355177_2131417.jpg
▲旧塩原駅舎をそのまま転用したバス待合小屋





c0355177_2132620.jpg

◎読み・・・しおはら
■運行・・・小松バス株式会社
□路線・・・尾小屋線(小松~尾小屋)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-07-07 22:00 | 石川県