2017年 01月 05日

肘折待合所[終点]・(山形県大蔵村)

c0355177_22273634.jpg


▲肘折終点で

 雪深い山形県の内でも、特別豪雪地帯に指定されている大蔵村域に位置する肘折温泉。バスは雪の壁を分け入るように山奥をめざし走ります。 余りに積雪が多い時は、バスは途中で折り返すこともあるという雪に閉ざされた秘境の温泉街です。



c0355177_22275532.jpg

◎読み・・・ひじおりまちあいじょ
■運行・・・山交バス株式会社
□路線・・・肘折線(新庄~肘折)
[PR]

# by hansman_neo | 2017-01-05 20:00 | 山形県
2017年 01月 01日

第二停留所【肘折温泉】・(山形県大蔵村)

c0355177_2018108.jpg

▲狭い温泉街の道をゆく山交バス

 みちのくの秘湯とも呼ぶべき、山形県最上地方の山奥にひっそりと佇む肘折温泉。雪に閉ざされた深い谷あいに、一日数本のバスが新庄の町とを結んでいます。温泉街の軒と軒との間を縫うようにして走り抜ける姿は他では決してみられない圧巻の光景です。消雪用に流されるお湯から湯気が立ち込め、バスのフォグライトが辺りに黄色い幻想的な風合いを醸します。



c0355177_20294080.jpg


◎読み・・・だいにていりゅうしょ
■運行・・・山交バス
□路線・・・肘折線(新庄~肘折温泉)
[PR]

# by hansman_neo | 2017-01-01 20:00 | 山形県
2016年 12月 31日

第一停留所【肘折温泉】・(山形県大蔵村)

c0355177_20551893.jpg


▲肘折温泉街を行く山交バス

 旅館のにぎやかな突き出し看板とは相反して、しっとりと静かな時が流れる肘折温泉街。新庄からのバスは、温泉街の3か所にこまめに停車し、停留所ごとに最寄りの旅館の女将さんがバスの中へ予約客の名前を呼んで出迎えます。日本のおもてなしの原風景のようなものを感じさせるひとときです。我が物顔で大型バスが温泉街を走り抜ける光景は、街からお客を連れてきてくれるバスと、バスに乗るお客を誘ってくれる旅館との結びつきによって存在し続けることができたのかもしれません。




c0355177_20455084.jpg



◎読み・・・だいいちていりゅうしょ
■運行・・・山交バス
□路線・・・肘折線(新庄~肘折温泉)
[PR]

# by hansman_neo | 2016-12-31 20:00 | 山形県
2016年 08月 22日

河津浜・(静岡県河津町)

c0355177_1847790.jpg


▲河津浜をゆく東海バス

 遠洋に台風が発生し、少し波がありましたが、それでも伊豆の海水浴場は超満員。 海も山も走る東海バスですが、やっぱりオレンジの車体にブルーの海が良く似合います。これは、乗り換えの合間にたまたま撮れた写真。いつか、撮影するためにもう一度訪れたい沿線です。




◎読み・・・かわづはま
■運行・・・東海バスグループ
□路線・・・修善寺駅~河津駅・下田駅など
[PR]

# by hansman_neo | 2016-08-22 20:00 | 静岡県
2016年 08月 20日

八丁池口[終点]・(静岡県河津町)

c0355177_18331385.jpg


▲終点・八丁池口に集う東海バス

 天城峠旧道から分かれた、バス専用の寒天車道を登りつめ、鬱蒼とした森の中を抜けるとダダっぴろい広場にたどり着きます。バスで行けるのはここまで。 これから八丁池までは徒歩で片道50分を要するそうです。 運行期間にもよりますが、こうして河津駅から上がって来る便と、修善寺駅から上がって来る便が、終点で出会うこともあります。



c0355177_18334320.jpg

◎読み・・・はっちょういけぐち
■運行・・・東海バスグループ
□路線・・・河津駅~八丁池口・修善寺駅~八丁池口※季節運行
[PR]

# by hansman_neo | 2016-08-20 20:00 | 静岡県
2016年 08月 18日

寒天車道【バス専用道】・(静岡県河津町)

c0355177_12321627.jpg


▲寒天車道をゆく東海バス

 山あいの町・修善寺と海岸沿いの河津とを結ぶ険しい峠は、天城越えに謳われて名高いところで、寒天車道は、この天城峠旧道から分岐するバス専用道路です。運転手が入口のゲートを外し、いよいよ寒天車道に突入すると、幾重にも連なる狭隘なカーブを次々とクリアしながら、ぐんぐんと高度を稼ぎます。



c0355177_12325624.jpg

◎読み・・・かんてんしゃどう
■運行・・・東海バスグループ
□路線・・・河津駅~八丁池口・修善寺駅~八丁池口※季節運行
[PR]

# by hansman_neo | 2016-08-18 20:00 | 静岡県
2016年 08月 16日

修善寺駅・(静岡県伊豆市)

c0355177_18402012.jpg


▲かつてのライバル伊豆箱根バスと東海バス


 東海道本線三島駅から分岐する伊豆箱根鉄道駿豆線の終点駅・修善寺。 伊豆の山懐に抱かれた温泉の町です。 伊豆半島を網羅する東海バスは、いま2日間・3日間全線フリー乗車券を発売しており、ここ修善寺、または伊東などを拠点にルートを組むと、効率的に伊豆半島のバスを堪能することができます。



◎読み・・・しゅぜんじえき
■運行・・・東海バスグループ・伊豆箱根バス
□路線・・・修善寺駅発着路線各種・(伊東・天城峠・八丁池口・河津・下田・堂ヶ島・松崎など)
[PR]

# by hansman_neo | 2016-08-16 20:00 | 静岡県
2016年 05月 10日

竹の子島[終点]・(山口県下関市)

c0355177_23241240.jpg


▲竹の子島を出発するサンデン交通

 下関はフグの漁獲高日本一の街。 福岡~下関を結ぶ高速バスも「ふくふく号」の愛称で走っています。
 竹の子島の終点のすぐそこには、全国の9割のフグが水揚げされる南風泊市場があって、小さな漁船が並ぶ海のそばまでバスが走ります。 バスは竹の子島に繋がる小さな橋の手前が終点で、ここは本州の突端に浮かぶ彦島です。 



c0355177_23252943.jpg

◎読み・・・たけのこじま
■運行・・・サンデン交通株式会社 彦島営業所
□路線・・・竹の子島線(本村経由・福浦経由)
[PR]

# by hansman_neo | 2016-05-10 20:00 | 山口県
2016年 05月 01日

下関駅[終点]・(山口県下関市)

c0355177_22575733.jpg


▲シーモールとサンデンバス

 県都・山口市を凌ぐ海峡の街、下関市。 街の機能は下関駅及び唐戸周辺に集約されたコンパクトシティです。 下関市を中心に山口県西部をテリトリーとするサンデン交通の路線の一大ターミナルでもあり、市内外各地へ向かうバスがひっきりなしに出入りする下関駅バスターミナル。 下関市は、九州地方と言ってよいほど北九州市と密接な経済的つながりを持つ地域ですが、やっぱり何か九州と違う雰囲気の漂う街です。




◎読み・・・しものせきえき
■運行・・・サンデン交通株式会社 各営業所
□路線・・・青海島・秋芳洞・川棚温泉・宇部・小野田・彦島・市内各方面
[PR]

# by hansman_neo | 2016-05-01 20:00 | 山口県
2016年 03月 05日

由加山[終点]・(岡山県倉敷市)

c0355177_784614.jpg


▲厄除け総本山 由加神社本宮

 日本三大権現に数えられるという由加神社本宮は、瑜伽山の中腹に位置する下電バスの終点・由加山のすぐそばに。 狭い坂道を登りつめる、乗って楽しい路線ですが、この路線の主な目的は小学生の通学用。よって、このバスは平日朝夕のみで、10分足らずで折り返し、由加山詣でをするにはちょっと使いにくいかも。





◎読み・・・ゆがさん
■運行・・・下津井電鉄株式会社
□路線・・・王子ヶ岳線(児島~由加山)
[PR]

# by hansman_neo | 2016-03-05 22:00 | 岡山県
2016年 03月 01日

有馬温泉[終点]・(神戸市北区)

c0355177_6505384.jpg


▲有馬温泉バスターミナル

 有馬温泉は、六甲山の裏側に位置する神戸の奥座敷。 温泉街の入口に阪急バスの立派なバスターミナルがあります。





◎読み・・・ありまおんせん
■運行・・・阪急バス株式会社
□路線・・・有馬線(宝塚~有馬温泉)・三宮有馬線(三宮~有馬温泉)・芦屋有馬線(芦屋~有馬温泉)・大阪~有馬線(梅田~有馬温泉)など
[PR]

# by hansman_neo | 2016-03-01 21:00 | 兵庫県
2016年 02月 25日

観音堂下・(広島市西区)

c0355177_614792.jpg


▲青空の広島市近郊で

 広島市街地に近い終点・三滝観音を出発した広島バスは、狭い路地を抜けて太田川放水路の河原へ。 広島バスは、赤バスの名で市民に親しまれています。



c0355177_632735.jpg

◎読み・・・かんのんどうした
■運行・・・広島バス株式会社
□路線・・・横川線[22](広島駅~三滝観音)
[PR]

# by hansman_neo | 2016-02-25 22:00 | 広島県
2016年 02月 20日

大芝北[終点]・(広島県東広島市)

c0355177_5241643.jpg


▲終点・大芝北でたたずむ芸陽バス

 東広島市といえば、山陽本線の列車が喘ぎながら登る瀬野八区間の頂上の高原地帯のイメージが強いのですが、その市域は広く、瀬戸内海の海岸べたまで広がります。 海にぽかんと浮かぶ大芝島へは、橋を渡って直接バスが乗り入れ、波静かなのんびりとした島気分を手軽に堪能できます。





◎読み・・・おおしばきた
■運行・・・芸陽バス株式会社
□路線・・・安芸津~大芝線
[PR]

# by hansman_neo | 2016-02-20 22:00 | 広島県
2016年 02月 15日

瀬戸大橋[付近]・(岡山県倉敷市)

c0355177_510558.jpg


▲瀬戸大橋と下電バス

 瀬戸大橋のたもと、児島駅を基点に走る鷲羽山夕景バス。 普段は瀬戸内海に沈む美しい夕陽を眺めに行くバスですが、この日は天候不順に付き夕日は見れず、運転手さんの粋な計らいで瀬戸大橋鑑賞タイムに。 ここ下津井の漁村は、かつて宇野線茶屋町駅とを結んだ下津井電鉄の終着駅があった場所で、今はバス専業となった下電バスのルーツとなったところです。





◎読み・・・せとおおはし
■運行・・・下津井電鉄株式会社
□路線・・・鷲羽山夕景バス
[PR]

# by hansman_neo | 2016-02-15 22:00 | 岡山県
2016年 02月 10日

秋吉・(山口県美祢市)

c0355177_4525312.jpg


▲秋吉駅で出逢う、サンデン交通とJRバス

 秋吉駅、といっても鉄道が停まる駅ではなく、JRバスのバスターミナルのこと。 下関~秋芳洞を結ぶサンデン交通のバスと、山口市方面を結ぶJRバスが出会いました。 この辺りには防長交通のエリアも重なっており、様々なバス会社のバスが走る地域です。




◎読み・・・あきよしえき
■運行・・・中国ジェイアールバス株式会社/サンデン交通株式会社/防長交通株式会社
□路線・・・秋吉線(山口駅~秋吉~美祢駅)/秋芳洞線(下関~秋芳洞)/新山口駅~秋芳洞・秋吉~太田中央など
[PR]

# by hansman_neo | 2016-02-10 22:00 | 山口県
2016年 02月 05日

秋吉台・(山口県美祢市)

c0355177_4434635.jpg


▲細いトンネルを抜けて

 秋吉台のカルスト台地を穿った細いトンネルはバス専用の一方通行。 秋芳洞と秋吉台地を結ぶ路線が潜り抜けます。 トンネルを抜けた先には、古ぼけたバスターミナルが化石のように残っています。



c0355177_4441198.jpg

◎読み・・・あきよしだい
■運行・・・中国ジェイアールバス株式会社/サンデン交通株式会社
□路線・・・秋吉台循環線
[PR]

# by hansman_neo | 2016-02-05 22:00 | 山口県
2015年 10月 10日

金沢駅バスターミナル・(石川県金沢市)

c0355177_143788.jpg


▲金沢駅前バスターミナルにて

 北陸鉄道の朱色のバスをはじめ、JRバス、そしてたまに富山県からやって来る加越能バスも。 新幹線景気に沸いた今年の金沢駅は、兼六園などの市内観光地とを結ぶ路線バスの乗客数も凄まじいものがありました。いつまでもバスが元気な街が続いて欲しい金沢です。




◎読み・・・かなざわえきばすたーみなる
■運行・・・北陸鉄道株式会社/西日本ジェイアールバス株式会社/加越能バス株式会社ほか
□路線・・・金沢市内各路線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-10-10 00:52 | 石川県
2015年 10月 03日

金沢駅・(石川県金沢市)

c0355177_21252535.jpg


▲金沢駅前を出発するバス

 金沢駅前のバスターミナルをひっきりなしに発着するバスの数々。その多くが北陸鉄道グループの朱色のバスですが、たまに混ざってくるのがJRバスや、お隣の富山県からやってくる加越能バス。 大小色とりどりのバスが今日も出発してゆきます。



◎読み・・・かなざわえき
■運行・・・北陸鉄道グループ各社/西日本ジェイアールバス株式会社/加越能バス株式会社
□路線・・・市内各路線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-10-03 22:00 | 石川県
2015年 10月 03日

西大味[終点]・(福井県福井市)

c0355177_23402546.jpg


▲西大味を出発する京福バス

 福井平野の南端、文殊山の山麓に位置する西大味。かつてはここからくねくね山道を越えて鯖江方面へ向かっていた県道は、立派なトンネルが貫通し、表の新道は自動車の往来が盛んです。



c0355177_2340336.jpg

◎読み・・・にしおおみ
■運行・・・京福バス株式会社
□路線・・・西大味線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-10-03 22:00 | 福井県
2015年 10月 01日

小原[終点]・(石川県金沢市)

c0355177_20583812.jpg


▲小原集落と北鉄バス

 黒く光り輝く瓦屋根が印象的な小原集落。寺町の舌状台地上の市街地を抜けると、一気に坂道を登りきり、金沢市街地からまだそんなに離れていないのに、山奥深い秘境の集落然とした奥ゆかしさを見せてくれます。



c0355177_20584940.jpg

◎読み・・・おはら
■運行・・・北陸鉄道株式会社(金沢地区の路線は子会社もすべてこの名称で掲載しますのでご了承を)
□路線・・・内川線[25](金沢駅~寺町~小原)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-10-01 22:00 | 石川県
2015年 09月 23日

橋場町・(石川県金沢市)

c0355177_1544149.jpg


▲金沢市内を走る加越能バスは一日に数回しか見られない

 富山県側から県境を越えて金沢までやって来る加越能バス。奥ゆかしい古風な雰囲気が漂う金沢市内には少し似合わない黄緑の車体は存在感があります。橋場町は、観光客が押し寄せる東茶屋街の最寄停留所で、いつもバス停が賑わっています。





◎読み・・・はしばちょう
■運行・・・北陸鉄道株式会社/西日本ジェイアールバス株式会社/加越能バス株式会社
□路線・・・橋場町経由各路線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-23 22:00 | 石川県
2015年 09月 21日

兼六園下・金沢城Ⅱ・(石川県金沢市)

c0355177_1525113.jpg


▲兼六坂を登る北鉄バス

 都心にありながら緑多い金沢城下。 日本三大庭園の一つに数えられる兼六園の脇にある兼六坂を登って、バスは一気に小立野台地へと駆け上がります。 かつては北陸鉄道の金沢市電も登った兼六坂。 金沢らしい風景です。



c0355177_1525926.jpg

◎読み・・・けんろくえんした・かなざわじょう
■運行・・・北陸鉄道株式会社
□路線・・・小立野経由各線など
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-21 22:00 | 石川県
2015年 09月 19日

狼煙[終点]・(石川県珠洲市)

c0355177_1505326.jpg


▲最果ての地・狼煙

 日本海に突き出す能登半島の先端、禄剛埼灯台近くの終点・狼煙。 珠洲方面から東側の海岸を辿って来るバスと、曽々木方面から西海岸を走るバスが出会うところで、往路復路でルートを替えれば、東西全く異なる海の表情を楽しめるところです。 辺りには最果てをめざす観光客を当て込んだ道の駅や、つぶれたドライブインなどがあって、今も昔も観光で賑わうところなのでしょう。



c0355177_151856.jpg

◎読み・・・のろし
■運行・・・北鉄奥能登バス株式会社
□路線・・・木の浦線(能登飯田~狼煙~木の浦)・大谷B線(曽々木口~大谷~木の浦~狼煙)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-19 22:00 | 石川県
2015年 09月 17日

福野駅前・(富山県砺波市)

c0355177_1495475.jpg


▲狭隘な踏切道を進む加越能バス

 高岡から北陸本線を分かれ、内陸の南砺地方を結ぶJR城端線福野駅そばの踏切を、加越能バスが渡ります。 その名も井波街道踏切。 かつて北陸本線石動駅から井波、庄川町へ延びていた加越能鉄道加越線の代替バスが走ります。 北陸地方一帯では、昭和の途中で時が止まったような昔ながらの街並みが随所に残されていますが、ここ福野もその一つ。バスを途中下車して散策するのもおススメです。




◎読み・・・ふくのえきまえ
■運行・・・加越能バス株式会社
□路線・・・加越線(石動~福野~井波~庄川町)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-17 22:00 | 富山県
2015年 09月 15日

井波・(富山県南砺市)

c0355177_1484496.jpg


▲保存された旧加越能鉄道井波駅舎

 戦後、加賀・越中・能登の三国に股をかけた高速鉄道構想によって設立された加越能鉄道。 未完の鉄道に終わった加越線の駅舎が寂しく保存されています。 駅前では井波と金沢駅前とを直接結ぶ社会実験バスが待機中。 加賀と越中を結ぶ壮大な構想も、今は石動~庄川町間を結ぶ加越能バス加越線によって一日数本の細々とした代替バスによって命脈が保たれているという状況に。

 



c0355177_1485582.jpg

◎読み・・・いなみ
■運行・・・加越能バス株式会社
□路線・・・井波・庄川町経由小牧堰堤線(高岡~井波~小牧堰堤)・加越線(石動~福野~井波~庄川町)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-15 22:00 | 富山県
2015年 09月 13日

白川郷Ⅱ・(岐阜県白川町)

c0355177_1474428.jpg


▲合掌造りの里をゆく北陸鉄道の高速バス

 世界遺産に登録されて以降、多くの外国人観光客も押し寄せるようになった白川郷は、近くに東海北陸自動車道のインターチェンジが完成、そして北陸新幹線開業と相まって、高速バスも連日の大盛況を呼んでいます。 高山・白川郷・金沢と、ゴールデン観光ルートとして脚光を浴びています。





◎読み・・・しらかわごう
■運行・・・加越能バス株式会社/濃飛バス株式会社/北陸鉄道株式会社
□路線・・・白川郷線(高岡~白川郷)/白川郷線(高山~白川郷)/高山~金沢線 など
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-13 22:00 | 岐阜県
2015年 09月 11日

大黒様・(岡山県高梁市)

c0355177_191632.jpg


▲陣山を出発する高梁バスセンターゆき

 のどかな牧場の脇を抜けて、備北バスがのんびりと走ります。




◎読み・・・だいこくさま
■運行・・・備北バス株式会社
□路線・・・陣山線(高梁~陣山)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-11 22:00 | 岡山県
2015年 09月 09日

陣山[終点]・(岡山県高梁市)

c0355177_174344.jpg


▲陣山終点でバックする備北バス

 岡山県の中山間部に位置する、備中高梁駅を拠点に各方面運行する備北バス。 べんがらの里・吹屋をめざす吹屋線をはじめ、秘境バスの多い地域ですが、この陣山線もなかなかの乗り応えです。 標高598mの陣山の中腹の小集落を結ぶ存在感の薄い路線です。



c0355177_175741.jpg

◎読み・・・じんやま
■運行・・・備北バス株式会社
□路線・・・陣山線(高梁~陣山)
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-09 22:00 | 岡山県
2015年 09月 07日

天満屋バスステーション・(岡山県中区)

c0355177_162223.jpg


▲天満屋バスステーション

 色とりどりのバスが集まる天満屋バスステーションは、岡山の老舗百貨店・天満屋と共に、街の発展を担ってきました。 岡山駅から少し離れた表町一帯の交通拠点としていつも多くの人で賑わいます。





◎読み・・・てんまやばすすてーしょん
■運行・・・岡山市内各社(宇野バス除く)
□路線・・・岡山市内各路線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-07 22:00 | 岡山県
2015年 09月 05日

表町バスセンター・(岡山市中区)

c0355177_153346.jpg


▲宇野バス表町バスセンター

 とかく協調性がないと言われる岡山のバス事業者は、個性派ぞろい。 特にダークブラウンの車体に五つのマーカーランプが特徴の宇野バスは、その代表格です。 岡山各社のバスが天満屋バスステーションを拠点とする中、宇野バスは少し離れた独自のバスセンターから発着します。



c0355177_154314.jpg

◎読み・・・おもてちょうばすせんたー
■運行・・・宇野バス株式会社
□路線・・・宇野バス全線
[PR]

# by hansman_neo | 2015-09-05 22:00 | 岡山県